日光と光線の科学

光と色彩の生理作用

光と色彩の生理作用

●色は光の反射によって生まれる
色は光線が物質に反射することによって生まれます。ですから、色の実態は光なのです。その証拠に真っ暗闇の中では、色を見ることができません。

●暖色系、中間色系、寒色系
人に与える生理作用によって、色は暖色系(赤、橙、黄)、中間色系(緑)、寒色系(青、藍、紫)に分かれます。暖色系には興奮作用があり、温かさを感じさせます。中間色系には安心感が。寒色系にはこころとカラダを落ち着かせる作用があります。

●波長の異なる七つの色
色は可視光線に含まれていて、赤、橙、黄、緑、青、藍、紫の七色の帯状になっています。光線には波長という振動がありますが、この七つの色(光)にも波長の違いがあります。その波長の違いが脳(視床下部)に異なる影響を与えるのです。

●赤色は血圧と体温を上げる
鮮やかな赤色は動脈血や燃えさかる炎を連想させます。赤色には興奮作用があり、生命力を高める力があります。赤色光を浴びるとアドレナリンが分泌され、闘争心が沸き、血行が促進されます。そのため、赤色には低血圧やリウマチの症状を緩和する作用があると言います。低体温症で午前中のテンションの上がりにくい人には、洋服やアクセサリー、室内の装飾品などは赤色のものがおすすめです。逆に、興奮性の強い人、精神不安の強い人には赤色は禁止です。

●オレンジ色は気持ちを明るく元気にする
オレンジ色は太陽(特に夕日)を連想させます。オレンジ色にはカラダを暖め、元気づける作用があります。室内をオレンジ系にすると、体感温度が2~3℃も高く感じるといいます。ウツ傾向の人、元気が足りないと思う人には、オレンジ系の洋服や花、絵などがおすすめです。

●黄色はカラダを目覚めさせる
鮮やかな黄色は日中の太陽を連想させます。黄色には神経を刺激し、脳の働きを鮮明にする作用があります。注意信号が黄色なのはそのためです。また、黄色には全身に活力を与える作用があります。特に、内臓の弱い人、気のめぐりが滞っている人におすすめの色です。ただし、神経過敏症の人の場合は、より過敏になるため避ける必要があります。

●緑色はこころを安定させる
緑色は樹木や植物を連想させます。緑色は暖色(興奮)と寒色(沈静)のちょうど中間にあり、中性の性格をもっています。そして、こころの安定や持久力、復元力を与える作用があります。自然の緑に触れるとこころが休まるのはそのためです。ストレスの多い人には観葉植物や、緑の中の散策がおすすめです。

●青色は興奮を鎮める
鮮やかな青色は晴れた日の穏やかな海の色です。青色には沈静、催眠、殺菌などの作用があります。また目の疲労回復にも効果があります。興奮性の人、躁(そう)傾向の人、不眠症の人におすすめの色です。ただし、不眠症の人の場合は、日中は身の回りに暖色系を多くし、夜はパジャマや寝具、寝室の色などをブルー系にします。

●藍色には深い鎮静作用が
藍色は深い海の中を連想させます。藍色には神経系や血流を穏やかにして、気持ちを深く落ち着かせる作用があります。また、威厳や気品などを感じさせます。精神統一や、一つの物事に集中したい人におすすめの色です。ただし、ウツ傾向の人にはおすすめできません。

●紫色には神性が宿る
紫色は光の七色の帯の最終の色です。古くから精神を崇高にする色として、宗教儀式や聖職者の衣などに使われてきました。その紫色には鎮静や殺菌、食物の消化を促進させる作用があります。その一方で、赤色の興奮作用と青色の沈静作用という異なる二つの性格を持っているので、常に多くの紫色に囲まれていると情緒不安におちいる場合があります。そのため、瞑想やリラクゼーション療法などの、特に精神性を高めたいときの利用をおすすめします。
[PR]



by na-hiko | 2010-07-30 20:23

自然科学
by na-hiko
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

太陽の恵み
太陽光線の生体への影響
太陽光線の仕組み
太陽光線が健康を支える
日照不足と体調不良
日焼けの仕組み
上手に日焼けする方法
紫外線のリスク
日光と植物の成長
光線による体内時計の調整
光と色彩の生理作用
●リンク集

以前の記事

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ブログパーツ

最新の記事

光と色彩の作用
at 2010-07-30 20:28
光と色彩の生理作用
at 2010-07-30 20:23
光線による体内時計の調整
at 2010-07-30 17:51
日光と植物の成長
at 2010-07-30 17:47
紫外線のリスク
at 2010-07-30 17:45

ファン

ブログジャンル

画像一覧