日光と光線の科学

日光と植物の成長

日光と植物の成長

●日光で植物は大きく、強く育つ
日照時間が長い季節の植物は、赤・橙色の光を浴びると成長を早めます。
コスモスやサルビアなど、日照時間の短い季節に花を咲かせる植物は、青色光を浴びると成長が早くなります。

●植物の葉はなぜ緑色か
植物の葉は、光合成のために葉緑素を蓄えるからです。
植物は太陽光の赤色光と青色光に反応して成長しますが、緑色光には反応しません。それは、緑色の光を吸収せずに反射しているからです。それ以外の赤色光や青色光は吸収しています。
[PR]



by na-hiko | 2010-07-30 17:47 | 日光と植物の成長

自然科学
by na-hiko
プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

太陽の恵み
太陽光線の生体への影響
太陽光線の仕組み
太陽光線が健康を支える
日照不足と体調不良
日焼けの仕組み
上手に日焼けする方法
紫外線のリスク
日光と植物の成長
光線による体内時計の調整
光と色彩の生理作用
●リンク集

以前の記事

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ブログパーツ

最新の記事

光と色彩の作用
at 2010-07-30 20:28
光と色彩の生理作用
at 2010-07-30 20:23
光線による体内時計の調整
at 2010-07-30 17:51
日光と植物の成長
at 2010-07-30 17:47
紫外線のリスク
at 2010-07-30 17:45

ファン

ブログジャンル

画像一覧